高額請求 新聞報道 

 表見上は正当な業務依頼への受諾、工事施工を装っていますが、実際は無知に付け込んだ不要な工事の実施です。騙されて泣き寝入りしている方が多い。

 法令解釈やその後の訴訟手続きにおいて「知識がない」ので、何もできないという。自分で金を払って専門家を雇うという発想が日本の社会に欠落しています。行政に頼って行っても納得する対応は難しい。行政の窓口は話を聞いてはくれますが、何もしない。何かしてくれてもかえって混乱させるくらいな程度という意見もあります。

新聞報道はきわめて有効です

このような記事があること自体が、社会に対する抑止になります。何かあったら対処することができる、有料であるにしても、これらの情報を広めるべきです。 一方、行政の窓口は、何もしていない、成果をあげていない、これは閉じるべきでしょう。何もしていないという事を恥じるべきです。

行政への期待

 一部地域にこのような業者が活動していることに対して、住民サービスの視点から何か対応したのでしょうか。業者への指導、市民への啓発など住民が不利益を被らないことをしているのでしょうか。

業界での対応に期待

 一部の不心得な事業者の存在は、業界へのダメージです。業界団体は、信頼を得るために好事例の発表などの取り組みや相談窓口の開設など独自の取り組みをするべきとの意見があります。

警察はすごい

黙々と職務を果たす。力がある組織はやはり違います。社会に貢献しています。

新聞社、警察、弁護団 名前をあげるとすれば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です